ご利用規約


(建物一時使用賃貸借契約書(例))
 賃貸人株式会社翔エンタープライズ(以下、甲という。)は、賃借人(以下、乙という。)から、当号(以下、本物件という。)を賃借したい旨の申し入れを受けた。乙の賃借申し込み理由は、乙が記載の期間中に限って本物件を仮住居の目的として使用したいとの事であった。甲は乙の使用目的を十分確認の上、甲乙間において本日、本物件につき、次の通り一時使用のための賃貸借契約書を締結した。

第一条(目的)
甲は本物件を一時使用のために乙に賃貸し、乙はこれを賃借した。

第二条(用途)
乙は本物件を仮住居として使用するものとし、それ以外の用途に使用してはならない。

第三条(期間)
賃借期間は契約書記載の通りとする。

第四条(賃料)
賃料は契約書記載の通りとし、乙は全額前払いにて甲に支払う。賃料の延滞があったときには所定の延滞料金を乙は甲に支払う。

第五条(補償金)
乙は保証金として契約書記載の金額を甲に差し入れ、甲はこれを受領した。但し、保証金は無利息とする。

第六条(現状変更の禁止)
乙は本物件の現状を変更してはならない。

第七条(譲渡・転貸の禁止)
乙は本物件の賃借権を譲渡し、または本物件を転貸してはならない。

第八条(原状回復・損害賠償義務)
乙の責の帰すべき事由により本物件を汚損・破損若しくは滅失したとき乙は直ちにこれを現状に復し、又は損害を賠償しなければならない。

第九条(契約の解除)
乙が次の各号のいずれかひとつに該当したときは、甲は何らの催告を要しないで直ちに明け渡さなければならない。
 一、乙が本物件を暴力団・風俗営業等の連絡場所などに利用、若しくは公安を害し、風紀を乱し、近隣の迷惑となるような行為を行った場合。
 二、第六条、第七条及び第十三条の規定に違反した場合。

第十条(更新)
本契約は更新することができない。

第十一条(明渡し義務)
乙は本契約が期間満了・解除等の事由により終了したときは、本物件を原状に復して直ちに明け渡さなければならない。

第十二条(保証金の返還)
甲は本契約が終了し、乙から本物件の明渡しを受けたときは、速やかに保証金を返還するものとし、乙に遅滞賃料又は損害賠償金があるときは、これを差引いた残額を返還する。

第十三条(利用のしおり)
乙は本物件の使用に際しては「ご利用のしおり」を遵守し、善良なる管理者の注意をもって本物件を使用しなければならない。

第十四条(途中解約)
利用期間満了前における解約は、原則として日割り計算は行いません。但し、次の場合は除きます。
 一、利用期間が15日未満の場合:退室予定日の3日前までに申し出ること。申し出がない場合は、違約金として3日分の利用料金を貰い受ける。
 二、利用期間が15日以上の場合:退室予定日の10日前までに申し出ること。申し出がない場合は、違約金として10日分の利用料金を貰い受ける。
 三、利用期間が1ヶ月以上の場合:途中解約月の賃料計算は「短期の場合」の計算によるものとし、かつ前項口の規定を準応する。

以上の通り、契約が成立したので、本書2通を作成し、甲乙各署(記)名押印の上、1通ずつ保有する。